足のむだ毛処理の危険性について

毛抜きでの脱毛は毛穴から雑菌が入って危険!

足のムダ毛を処理したいと思った時に、カミソでリは肌が荒れてしまうからと毛抜きで抜いたりすることはありませんか?
実は毛抜きで脱毛すると毛穴が開いてしまい、そこから雑菌が入って感染症を起こすこともあり危険です。
また、一度開いてしまた毛穴を引き締めるのは大変です。
赤くプツプツとした跡が残ってしまうこともありますから、毛抜きでのムダ毛処理は手軽ながらもおすすめできる方法ではありません。

毛穴が炎症を起こして化膿してしまうことも

安易に足の毛を自己処理しようとすると、毛穴が炎症を起こして化膿してしまうことがあります。
毛抜きなどで毛を抜いた後の開いた毛穴は、雑菌が入りやすい状態になってしまいます。
毛穴から細菌が入りこんで起こった炎症が化膿してしまうと、元のキレイな肌に戻すための治療も時間がかかり、大変です。
サロンで脱毛専用の機器を使い、専門知識を持ったプロの手で脱毛するのとは違い、自己処理は皮膚に思わぬ負担がかかりますので注意が必要です。

カミソリで角質ごと剃ってしまうと炎症の原因に

サロンでの脱毛よりもずっと簡単にできるからと、毎日のようにカミソリで足のムダ毛を剃ったりしてはいませんか。
カミソリでの脱毛はとてもお手軽ですが、毎日このような自己処理を繰り返すと、肌荒れや赤み等のトラブルに見舞われる事があります。
カミソリでムダ毛を剃る際に、角質まで一緒に剃ってしまうことがトラブルの原因です。
必要な角質までとられてしまった肌は薄くなって抵抗力が弱まり、乾燥したり炎症を起こしたりしやすくなるのです。

炎症を起こした箇所は色素が沈着することも

カミソリなどで足のムダ毛を自己処理してしまうと、細かい傷などができて炎症が起きてしまうことがあります。
炎症が起こった肌は、色素が沈着して皮膚に色ムラができてしまうことがあります。
また、繰り返し自己処理を行うことによって色素沈着がさらに悪化すると、シミになってしまう場合もあります。
専門家の指導の下、正しい方法で脱毛するのとは違い、自己処理にはさまざまな危険が潜んでいるのです。

皮膚の下にムダ毛が入りこんでしまうと大変!

足のムダ毛を自己処理で脱毛しようと、毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりすると、新しく生まれた皮膚の下に新しい毛が埋まってしまう埋没毛ができてしまうことがあります。
皮膚の下に埋まってしまった毛は、皮膚が代謝して生まれ変わるまでは取り出すことができません。
無理に埋まった毛をひっぱりだそうとすると、肌を傷つけて炎症を起こす可能性もあります。
さらに皮膚の下に毛が透けて見え、その箇所が黒ずんで見えてしまいます。